BLOG

メッセナゴヤ2022に出展します

今年もメッセナゴヤ2022に出展します。


今回で。。。7回目?8回目?
ちょっと失念してしまいましたが。。。(笑)



今回は、これまでずっと開催されてきた会場とは違い、

新しくなった方のポートメッセナゴヤの展示場。

楽しみです!



ちなみに、前回まではこのブログでも
こうしてカテゴリーを作って時々書いていました。
これは自分の復習にもなってホント良かった!
再度じっくり見直そうと思います。





毎年、七夕のように一年に一回、会場でお会いする出展者の皆様、

そして、新しく出会う来場者の皆様

なんといっても、こんな大規模なイベントなのにいつもとても細やかな対応をしてくださる事務局やスタッフの皆様、

今回もどうぞよろしくお願いいたします!





トップアスリートの話し方Before-After

約120分。まずは重要視している「声の出し方」を主にトレーニングした結果です。





↑の動画の途中経過もご覧いただけるのが以下の動画です。
「声の出し方」「滑舌」「自然さ」の過程です。

たった120分ほどなのでこの段階では、
「まずはこういうことが大事、こういったことをトレーニングしていきます」
ということをダイジェストで体感していただきました。

ここから、もっと自然に、楽に、楽しんだり、
聞いてくださる方の雰囲気や目的に合わせて
”喋りをコントロールできる力”を身につけていただけるようトレーニングが進んでいきます。



before-afterテレビショッピングのような話し方

たった2時間弱でこれほど変わります。


『たった数十分でテレビショッピングのように話せるようになった!Before-After(ショートVer.) 』



120分(といっても賞味1時間強)のトレーニングのため
もちろんぎこちなさはありますが、
まず大事なことは、

はじめにこれくらいはドンッと行く!

ということです。



そこから、慣れていくことで自然になり、
さらに表現をもっと大きくしたりやわらかくしたり、


自由自在に話し方をコントロールできるようになっていくのです。

こうして声の出し方を変えるだけで、
伝える順番も変えた方が言いやすい、
その方が思い切って強調できる、など
構成も変えたくなってくるのです。

その良い例が以下の動画です。
『 テレビショッピングのように話すトレーニングBefore-After(ワンコせんべい(構成も変わった!) 』

内容もわかりやすくなったと思いませんか?

このように、ザ・テレビショッピング、といったようにでないにしても、
商品やサービスを説明したりプレゼンするとき、
「普通に話す」ように伝えては、ホントに”普通”に伝わってしまいますよね。


聞き手の心が何かしら動く、ワクワクしていただける伝え方ができると
相手との話も弾みます。
(そういう研究結果も発表されているんですよ)

ビジネスにも活かさない手は無いですよね。



参加者募集中!大人対象、ワクワク堂々と話せるようになる!

参加者募集中です

大人(高校1年から)対象

「ザ・エンタメプレゼントレーニング」

はこちらから」詳細をご覧ください

募集!トレーニング付き第5回全国子どもプレゼン大会

参加者募集中です。

トレーニング付きだからメキメキ話す力が”ついてしまう”!

第5回全国子どもプレゼン大会はこちらをご覧ください

本年もよろしくお願いします(虎柄バタートースト)

12/14火「マツコの知らない世界」に出演させていただきます

もう一つの顔・バタートースト評論家としての活動についてのお知らせです。

このたび!12月14日(火)20:57~ TBSテレビ系列の

「マツコの知らない世界」に出演させていただきます!

バタートースト評論家活動については

こちらの、一般社団法人日本トースト協会

または

こちらの専用ブログ

に書いています。



プレゼンジャパンの事業内容 と バタートースト評論家活動。

全然違いますね。

でも、それをちゃんと結び付けて表現してくださる方がいらっしゃって、
その言葉に、感動しました。


私がバタートーストのことを話しているときは、
とにかく楽しそうで嬉しそうで、見ていると楽しくなっていただけるそうです。

それを見て、
「これぞプレゼンテーションよね」と言ってくださった方がいらっしゃったのでした。


つい先日も、私がちょっと普通に演説のように話しているシーンを見て、
良く知る知人が、
「梶田さんは、バタートーストを焼きながらしゃべっているときの方がいいね」
と。
たぶん、イキイキしていたんだと思います、後者の方が。

そうなのです。プレゼンジャパンで多くの皆さんにお伝えしたいプレゼン法は、
エンターテインメント性のあるプレゼンです。

ビジネスによくある、パワーポイントを見たりその画面を指し示しながら
笑顔を見せず解説したり、台本を読む、というものではありません。
同じビジネスプレゼンでも、もと聞く人見る人がワクワクして、
「いいね、それいいね」と言いたくなっちゃうような、聞き手の心が膨らむプレゼンです。


そう、私がバタートーストをプレゼンするときのように。
(もちろんそれと同じ感じで、ではなく、ビジネスならビジネス向きに
その要素を取り入れる、ということです)


普通にプレゼンするためには、ももちろんお伝えします。

でも、数あるプレゼンを学ぶ場の中で、せっかく私がお伝えさせていただくなら、
圧倒的に聞く人にワクワクしていただけるプレゼン法
を、お伝えしたいと思っています。

“自分が”上手く話す、”自分が”気持ちよく話せて満足を得る、ではありません。

”見てくださる方、聞いてくださる方が”楽しい!よくわかる!と感じ
心膨らませていただくために。が重要です。(それが「声戦略」)


と、書きつつ、
マツコさんの前で私、どんなふうに話す番組になっているのか。。。
そっちの意味ではちょっと不安(笑)

でも。バタートーストに少しでも興味を持っていtただけたら♪
バタートースト愛を受け止めていただければ嬉しく思います。




企業内にワクワクを!の研修

企業研修に伺わせていただく準備中です。


ご依頼くださった社長は、いわば自社イノベーションに取り組もうと、
未来に向けていろいろな取り組みを始められました。


その中で私が担当させていただくのが、
スタッフの方への研修です。


私の専門分野である「声」で、会社全体のイメージを変えるために、
という、私の良く言う「声戦略」をとてもご理解くださってのご依頼。
それにプラスして、新入社員、リーダー、管理職など、様々な立場の方の役割確認など通常の社員研修内容も。


企業は、その企業のブランドイメージを大切にします。
でも忘れられがちなのが、「人もブランドである」という考え方。
私の専門分野の観点から行くと、
「その人の声の話し方、言葉遣い、そしてもちろん見た目や身のこなし」などのすべてが、「その企業の人」。

逆に言えば、「その人の会社」


高級料亭で、ラーメン屋さんのような勢いのある体育会系の元気な声で「いらっしゃいませ」というのはなんだか印象がバラバラ。
逆に、ラーメン屋さんで静かにとても丁寧にゆったりと「いらっしゃいませ」と言われると、ラーメンの麺がノビちゃってそう(笑)

と、実は声はBGMと同じなので、人の脳にダイレクトに伝わり、意識や思いをコントロールする作用があります。


企業とそこで働く人のブランドイメージは、統一感がないと、その訴求効果は低くなってしまうんですよね。


と、いつも「こんなふうに思うんです~」と言っていることをとてもご理解くださり、研修に呼んでいただいたのでした。


スタッフの方が、楽しんで、時には大笑いしながらとても積極的に受講してくださるのがとっても嬉しいです。


その企業様、そして受講してくださるスタッフの方お一人お一人に合わせて研修させていただける準備、がんばり中です!


松山孝司さんにインタビュー

イラストレーターの松山孝司さん。
(オフィシャルホームページはこちら)

お名前を聞いただけでトキメク人や、
絵を見て「あっ!」と思う人も多いことでしょう。


そんな松山さんのグッズのECサイトが来年オープンする、ということで、
そのグッズについてや、これまで書かれたイラストの、
書いているときのお気持ちや、ココ見て!という点などをインタビューさせていただきました。


企画は、い~っつもおもしろいことを考えていらっしゃる、
アイデアが湧きだす
ケーエスピーの佐野社長。

ケーエスピーさんのビルの壁や、オフィスの中にも
松山さんのイラストが描かれています。


グッズは、スマホケースやTシャツ、私がかかえているクッションも!
手書きのイラストも販売されるなど品数も増えていく予定です。

個展の時には早く売り切れてしまって買えない、
という品もあるそうですが、ECサイトで買えるようになったら嬉しいですね!!


オープンしたらまたお知らせしま~す。

あ、撮影した動画もそのECサイトで見られるようになると思います!お楽しみに♪


店内ラジオ納品

店内ラジオの音源を納品に。

いつも、美肌やエステのお店の先生と1時間くらいお話しし、
その中から、こんなことをお伝えすると良いかな、
と思う内容を後日一人でフリートーク録音し、BGMをつけて納品させていただいています。

それを店内で流していただくのです。

先生は、お母さまの代から受け継がれてもう50年ほどかしら。
お母さまの代からなので、世の中に”エステ”という言葉が
存在していないのでは?と思う頃から、
地元の方々にずっと愛され、三代にわたって通われているお客様が
数多くいらっしゃる、そんな、地域のお医者さんのような存在に思われている先生です。


このところずっと、先生とは特にテーマも決めず、
最近の話題や雑談など。
楽しくてあっという間に時間が過ぎます。


そして最後に先生は
「なんだかとりとめのない話でしたが、
いつもうまくまとめてくださるから、また適当にお願いしますね」と。

嬉しいお言葉です。
その信頼を裏切らないように、さらに質の高い物を、と思います。


店内ラジオは、コンビニやガストなどのファミリーレストランで流れているような、
そのお店だけで流れる放送です。


この店内ラジオを流していただくメリットはこんな点にあると私は思っています。

といいますかその役割として、話すときに気をつけていること、なんですけどね。


それは、私が、お店の方とお客様との間、の、ちょっとお客様寄りの立ち位置
でいること、です。
そして、お客様よりもちょっと先に、深く、先生からお聞きした良い情報を知っている。
だから、それを他のお客様にも知っていただいたらきっと喜んでいただける♪♪

という気持ちで、お店の情報を発信することです。


その先生も、お店のことを売り込みたいとは思っていらっしゃいません。
お客様も売り込まれたくないと思いますし。

なので、先生が、どんな思いでお客様と接していらっしゃるか、や、
お客様が喜ばれたときのお声、などを、
“エピソードとして”お話しています。
たまたま私がそのお店の商品の感想を言えるときは、私個人的に使ってみた感想などを。


聞いていて売り込まれていると感じるとウンザリしますよね。
そう感じないトークスタイル。
決して、聞く人の前に出ない、前からガンガン言わない。
そんな立ち位置が私は大好きです。

それを、先生がしっかり受けて止めてくださっていることを、また嬉しく思います。


SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVE