BLOG

zv-1忘備録 メモリーカードは最初から絶対要る

メモリーカード入れないと全然いろんなことができない。

これも最初から買っておかないとね。持ってて良かった。

これは当たり前なのかも…?

デジカメ買ったの30年ぶりくらいだからな〜σ(^_^;)

zv-1忘備録 給電USBケーブル短い!AC接続ケーブルも要る!

もっと長くないと給電しながらの撮影が不便不便!

さらに、こういうAC-USB接続ケーブルが要るけど

・長い方が便利

・接続ケーブルの指すところがこういう大きくて重いのだとカメラの接続部に負荷がかかる。

・これ、どこに置く?

カメラを三脚に載せて高い位置に置いて撮影するとき、この接続ケーブルを置く場所に困る。

三脚にひっかける、しかなくなる.

zv-1忘備録 AC充電法

‪‪(zv-1使用時忘備録)‬

‪ノートパソコンからの電池充電が遅い。‬

‪AC電源にUSBを繋ぐのに何を使えばいいかわからなかった。スマホので代用できるの?‬

5V以上なら、らしい。

zv-1忘備録 最初はまずこのサイトが助かります!

このカメラを手にしたらまず最初にこのサイトが助かります!

https://gigazine.net/news/20200618-sony-vlogcam-zv-1/

素晴らしいです!

バッテリーを入れる時の向きからして迷うけどとても親切に解説してくれている。

ありがとうございます〜!

ちなみに箱を開けて私がまず最初にしたことは、ここにも載ってないこと。

一緒に買ったモニター保護フィルムを貼った!

これがまた、サイズが、モニター全面じゃなくて映るとこだけ…のサイズ。

かなり歪む恐怖感…(^_^;)

声・滑舌・話し方・プレゼン・PRに関する講演、研修のテーマ例です

プレゼンジャパンの講演・研修のテーマの案や、

これまでご依頼いただいた際のテーマ等をダダッとご覧いただけるようにしました。(下部)


もちろん、ここにある限りではありません。
これをご覧になって、

「こういうことはできるのかな・・・」か
と少しでも思われることがしたらお気軽にお問合せください。


「声」「滑舌」「話し方」等は、きっと
皆さんが思っていらっしゃる以上に、大きな影響力を持っています。


例えば、「なんか感じが良い」「なんかあの人、好き、気持ち良い」
の、『なんか』は、

90%くらいは、話し方の印象が要因となっています。
(過去の経験上から感じているところです。)



声も滑舌も話し方も、運動や楽器を習うのと同じで、
学んで身につけていくスキルです。生まれながら不変のもの、ではありません。


なので、新しいスキルを身につければつけるほど、結果を好転させることも可能なんですよね。

あの人に会いたくなった」とか、「あの人なら応援したい」
「あの人になら話を聞いてもらえそう」
と、誰かに思われたり頼っていただけるような存在になれたら良いですよね。

プレゼンジャパンの講演・研修テーマ(一例)

PDFをご希望の方は、
こちらをクリックしてダウンロードしていただけます。

費用等はこちら、プレゼンジャパンホームページ、をご覧ください。



1ライブコマース時代に必須!ライブ配信で売る人は、この”声の出し方”と”話し方”で他社と差をつけろ!!<基礎><応用>

2きれいに正確に話す、だけではもう古い!エンターテインメント性もある、共感を呼ぶ伝え方

3こうすれば、オンラインでもプレゼンテーション力高く、思いも熱量も伝えやすくなる!

4オンラインの対話時にも効果抜群!誰でも取り組める、相手が聞きやすくなる声と滑舌法

5この3点に気を付ければ、オンライン対話でも相手の本音を聞き出しやすくなる!

6声だけでモノを伝えるプロに学べ!、マスクをしたままでも感情が伝わる声・滑舌・話し方

7あるんです!大きな声を出さずに、相手に聞き取りやすく話すコツ!!

8ライブコマース時代到来!ネットでガンガン売る”社内ライブコマースキャスター”養成

9WEB発信力UPは、従業員のコミュニケーション力・チーム力もUPさせる

10新入社員応援!お客様と接する際、まずこんな話し方をしてみよう!この話し方はしないようにしよう!

11笑顔が感じられる声が命!電話応対研修(一般 多人数型)

12お客様とのコミュケーションを生む、電話応対の声と話し方
13中小零細企業の女性社員(電話応答担当者)を大企業レベルの応対力にする(少数精鋭型)

14声色や口調もお客様にとって快適ですか?接客マナーを超える、他社と差をつける接客声戦略。 

15想像を上回る!? 声の威力

16ビジネスプランコンテストではこれが重要!聞き手の心を揺さぶる話し方

17飲食店の、印象良くおいしそうに感じられる、メニュー説明時の声・話し方

18高級店の、高級感・品格ある声と発音、話し方

19広報、受付、窓口、接客対応担当者印象UP

20広報、施設案内担当者タレント化計画

21施設内・館内アナウンス研修

22朝礼時間を活用してプレゼン力、PR力をUP

23好印象を与える、商品・企業PR

24脱・棒読み喋り!原稿をイキイキと喋るように読む技術を身に付ける

25自信たっぷり感UP!プレゼンテーション時の声・話し方

26美しくプレゼンしていますか?マイクの持ち方使い方、手・指先・身振り、視線etc.

27硬い文章・内容を、やさしく簡単にわかりやすく感じられる、声の出し方話し方

28テレビショッピングと同レベルの商品PRトーク力を身に付ける

29自分の説明・話はちゃんと伝わっている?  伝わりやすい話の順序、プレゼンの構成
30TED風、エンターテインメントプレゼン

31展示会での商品・サービスプレゼンテーション

32展示会での、声掛け研修(通る人を振り向かせ、ブースに人を呼び込む声掛け法)

33「できる人」はこれができる!よく気づく人になるための、先読み研修 (「使えない人」と言われないようにするために)

34新入社員の会話力徹底訓練

35敬語徹底訓練

36声の通り、滑舌、早口等、悩み解決徹底訓練

37若い人にはこれがオススメ!楽しく学べる、アニメアフレコ風体験型、声・話し方・従業員研修

38相手が話しやすくなる、聞くときの声、話し方、あいずち訓練

39従業員の声の出し方で、職場の雰囲気やコミュニケーション力が上がる!

40人事面接官 相手が本音を話しやすくなる印象を与える声・話し方

41トップアスリートのための、メディア出演対策 声・話し方・カメラトレーニング

42No.1にふさわしい声の出し方・話し方

43テレビラジオ出演時に必要な声の出し方・話し方

44こうすればさらにファンが増えること間違いなし!魅力ある声の出し方・話し方

45アスリートの活躍の幅を広げる!活躍の場が広がる! 解説者トレーニング

46アスリートの活躍の幅を広げる!活躍の場が広がる! CM・ナレーショントレーニング

47女性のキャリアアップのための声・話し方トレーニング

48仕事ができる人・できない人の声の出し方・伝え方の違い

49よく聞き返される人のための滑舌トレーニング

50お上品で丁寧な声の出し方・話し方

51小声でも聞き取りやすい滑舌・発音

52信頼、自信、説得力のある声の出し方・話し方

53キツイ・怖い印象から生まれ変わる!笑顔で親しみのある・話しかけやすい印象の話し方

54一本調子よサヨナラ!抑揚たっぷり表現力豊かに話すために

55原稿・台本を、うまく人前で読む方法

56「なんとなく○○な印象の話し方」の原因発見・克服!

57ゲーム感覚で身に着く!気が利く・機転が利く・デキる人になる力

58わかりやすい!楽しい!聞き手も盛り上がるトーク力

59しっかりと自分の意見を言えるようになろう!考える力、要約して伝える力UP

60将来はアナウンサー?声優?タレント? プロ志望者のための、カメラ・マイク前での話し方

小中学生向き無料プレゼン講座配信中

小中学生の今のうちに、これをやっておくと、話す力やプレゼン力がUPしますよ!

という、基本でありながら超!ウルトラ!スーパー重要なこととその練習法を動画で無料配信しています。

1本目の動画はこちらです。

小中学生のお子様と一緒にぜひお楽しみ下さい。

10分ほどの動画なので見やすく、すぐに取り組んでいただきやすいですよ!




全部で動画は5つ!

全て見てやって見た!というお子様には修了証をプレゼントさせていただきます!

詳しくは、5本+解説動画1本、の計6本、見てみてくださいネ!



声を数値でも表したいのです

声の特徴を表す際は、聞いた感じ、をとても重要視しています。

声は普通、人間が聞いて、何かを感じるからです。
味やにおいと同じですね。数値で伝えられてもそれがどんな感じかを、言葉や文字で表現をしないと、その感覚は伝わらないからです。


例えば、塩味2、甘味4、酸味0.5、と言われてもどんな味かさっぱりわかりませんよね(笑)
甘じょっぱいけどちょっと酸味も感じます、の方がまだわかりやすく、
○○みたいな味です、と言われたらさらにわかりやすいですものね。


でも、その、感覚だけではなく、ちゃんと数値で表し、データでもお伝えしたいのが私の性分。
理系なので、ちゃんと理屈も知りたいのです。
説明も、感覚ではなく、理論で説明したいためです(もちろん相手に合わせて、わかりやすく。)


他の人の声と比較するときには特にわかりやすいですものね。



そんなわけで、こうしたデータを見ると、ちょっと萌えます(笑)

REMO。次から次へとアイデアが!!


常に、いま現在から1歩先の情報を仕入れ、それを半歩先に語れるようにし、
2歩も3歩も先の未来を想像していたい。

「前例が無ければ作れば良い」


そんな、新し物好きで好奇心が止まらない生き方をしています。


なので今は、何かと「ZOOM」がメインツールとなり、
本当にたくさん耳にするようになりました。


そしてこちらはさらに新しい「REMO」(リモ、と読みます)

これまでに3回ほど体験。

こういう使い方ができる、あんなことにも使えそう、
ひょっとしたこんなこともできちゃいますよね?
な~んて、新しいことをしると、アイデアが次から次へと沸いてきて、
沸騰状態。


浮かぶアイデアが頭を埋め尽くし、頭が重くなるくらい、

でもそれがまた楽しいのよね~♪♪♪

リアルに講演経験のある方への「オンライン講座時の話し方」講師を終えて。

No.1のための声戦略トレーナー、梶田香織です。


本日、タイトルにある通り、いままでリアルに講座や講師を行ってこられた方が、
オンラインでカメラに向かい、パソコン画面内の受講者の皆さんに対してどんなことに気をつけて話すと良いか、ということをお伝えしました。


実は、リアルよりもオンラインでは、様々なテクニックが必要です。

パソコンを操作しながら話さなくてはいけないから、といった単純なものではなく、

人によっては、声の出し方や話し方をまるっと変えないと、
聞いている人がものすごく疲れたり、退屈に感じたり、さらには不快感を感じることにつながってしまうのです。


プロとして、お客様に不快感を感じさせる講座、って・・・。


退屈に感じるって、講師のブランド力としてはいかがでしょう?



プロであれば、リアルでもオンラインでも、プロとして、
受講者の皆様にほんの少しでもマイナス要素をお持ち帰りいただきたくないですよね。


そんな観点で細かな注意点や、実際にカメラに向かってお話しいただき、
他の受講者様からフィードバックいただいたり、
それじゃ今までと変わりないのでもっと声の出し方をこうしてください、
口の形をこうしてください、と、
時には3~4回もやり直していただいたり。


そうしたら、雰囲気がパッと変わり、他の受講者の方も、変わりました!
と実感してくださるなど、嬉しい変化が見られました。


ぜひ、同業の方よりも、もっとプロフェッショナルのトーク力で、一層ご活躍くださいますように!!

これからも応援させていただきます!!




ZOOM使用時や動画配信時には、声の出し方にコツが必要ってご存知ですか?

こんにちは。No.1のための声戦略トレーナー、梶田香織です。


ZOOMで講座、や、ライブ配信をされる方が増えてきましたね。

その際、これまでの、リアルの対面講座等の時と、
同じ声の出し方だと、魅力や持ち味が、おそらく対面時よりも劣ってしまう、ということをご存知ですか?


これは特に、これまで講演や講師経験の多かった方には非常に重要です。
慣れた人ほど、WEBカメラを通じて伝える場合、
変えたり、気を付けなければいけないことがきっと多いです。


プレゼンジャパンでは、こっそり受講していただけるプランもあります。
ぜひ、この新型コロナウイルスのせいで何もかもがガラッと変わってしまった後も、
新しい時代に合わせ柔軟に進化しながらご活躍し続けられる、そのお力になれればと思います。


SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVE