BLOG

独身の日とライブコマース

11月11日。
中国では独身の日とされ、ネットショッピングの売上が
昨年の倍!と話題になっていましたね。


そこで特に注目されていたのが
「ライブコマース」。


テレビショッピングのインターネット版、
といった感じの販売手法。


今日、(11月12日)、羽鳥慎一のモーニングショー、でも
この「ライブコマース」が特集されていました。


プレゼンジャパンではこの、
「ライブコマース」でいかに楽しくお客様と対話しながら
商品やサービスをライブ配信で売っていくか、

その時に必要になる、楽しくイキイキと伝える伝え方

のトレーニングを行っています。


日本でも少しずつ取り組み始めている企業もあるライブコマース。

早く取り組んだ方が良いですね。



リアルに講演経験のある方への「オンライン講座時の話し方」講師を終えて。

No.1のための声戦略トレーナー、梶田香織です。


本日、タイトルにある通り、いままでリアルに講座や講師を行ってこられた方が、
オンラインでカメラに向かい、パソコン画面内の受講者の皆さんに対してどんなことに気をつけて話すと良いか、ということをお伝えしました。


実は、リアルよりもオンラインでは、様々なテクニックが必要です。

パソコンを操作しながら話さなくてはいけないから、といった単純なものではなく、

人によっては、声の出し方や話し方をまるっと変えないと、
聞いている人がものすごく疲れたり、退屈に感じたり、さらには不快感を感じることにつながってしまうのです。


プロとして、お客様に不快感を感じさせる講座、って・・・。


退屈に感じるって、講師のブランド力としてはいかがでしょう?



プロであれば、リアルでもオンラインでも、プロとして、
受講者の皆様にほんの少しでもマイナス要素をお持ち帰りいただきたくないですよね。


そんな観点で細かな注意点や、実際にカメラに向かってお話しいただき、
他の受講者様からフィードバックいただいたり、
それじゃ今までと変わりないのでもっと声の出し方をこうしてください、
口の形をこうしてください、と、
時には3~4回もやり直していただいたり。


そうしたら、雰囲気がパッと変わり、他の受講者の方も、変わりました!
と実感してくださるなど、嬉しい変化が見られました。


ぜひ、同業の方よりも、もっとプロフェッショナルのトーク力で、一層ご活躍くださいますように!!

これからも応援させていただきます!!




ZOOM使用時や動画配信時には、声の出し方にコツが必要ってご存知ですか?

こんにちは。No.1のための声戦略トレーナー、梶田香織です。


ZOOMで講座、や、ライブ配信をされる方が増えてきましたね。

その際、これまでの、リアルの対面講座等の時と、
同じ声の出し方だと、魅力や持ち味が、おそらく対面時よりも劣ってしまう、ということをご存知ですか?


これは特に、これまで講演や講師経験の多かった方には非常に重要です。
慣れた人ほど、WEBカメラを通じて伝える場合、
変えたり、気を付けなければいけないことがきっと多いです。


プレゼンジャパンでは、こっそり受講していただけるプランもあります。
ぜひ、この新型コロナウイルスのせいで何もかもがガラッと変わってしまった後も、
新しい時代に合わせ柔軟に進化しながらご活躍し続けられる、そのお力になれればと思います。


“マスクしたまま研修”をお受けしています。接客研修に。

こんにちは。No.1のための声戦略トレーナー、梶田香織です。


これからしばらくは、マスクをするのが当たり前、の時代になりそうですね。

そうなると、マスクしたままいかにホスピタリティーを感じていただけるか、が重要になってきます。

せっかくいままで笑顔で接しましょう、と接客研修を行ってきても、
笑顔をうまく作れない人には、どうにもこうにもお客様との距離感を縮められる確率が低くなります。


そこで重要なのが、声です。


声だけでいかにお客様におもてなしの気持ちを届けるか。

言葉、はもちろんです。でもその声の温度、がありますよね?


そんなところに、”声戦略”が役立ちます。



声の出し方や話し方は、スキル、です。
学んで身に着け、磨いて向上させて行ける、スポーツや技術と同じです。つた

生まれつきのように感じてしまっていて、そこにテコ入れせず、個人任せにしておくと、
複数人いるスタッフの”質”がそろわず、
企業のブランドも崩れてしまいます。


研修は、マスクをしたまま受講していただきます。

マスクをして おもてなしの気持ちが相手に伝わるかどうかなので、
マスクをせずに受講しても意味がありません。


表情が全部見えなくても、
声だけ聴いただけでも感じ良さやおもてなしの気持ちを伝える力がつくと、
それは電話応対にも活かすことができますね!


いま最新の研修、「マスクしたまま研修」導入しませんか?



新型コロナウイルス関連で、雇用調整給付金には、
教育や研修に関することにも補助がありますね。

情報は知ったもの勝ち。
新しい情報やお得情報、プラスになる情報はどんどん仕入れて
活用していきたいですね。

子どもプレゼン講座、無料で行います

こんにちは。No.1のための声戦略トレーナー、梶田香織です。


子どもの日の今日、今後、子供向きのプレゼン講座を無料で配信することを発表しました。

ニュース風に(^^)

マスクしていても余裕でコミュニケーションとれますよ

No.1のための”声戦略”トレーナー、梶田香織です。

マスクするのが当たり前の生活になり、

マスクしていると表情が伝わらなくてコミュニケーション取りにくい、
とか言っている場合じゃなくなりましたよね。


でもコミュニケーションは大事。

そんなところに、「声」ですよ。

”声”だけで感じ良さや感情を伝えることができます。

だって、電話で話しているだけでも、この人感じ良いな、ですとか
会ってみたいな、と思いませんか?


対話するときの声の出し方だけでも、ちゃんと温度感は伝えられます。


それができれば、テレワークでパソコンを通じてだと、
なんだか表情もわかりにくくてコミュニケーションとりにくい、ということもなくなります。



いまこそ、コミュニケーションの取り方を、もう一度トレーニングするのが良いですよね。

新型コロナウイルスのせいで、世の中の何もかもが変わりました。
従来の通りに行けるものは少なくて、この大変革に合わせていかなくてはいけなくなります。

今までやってきたことも新しいやり方に変えてもう一度、ということも必要なこともあります。

なんでいまさらまたコミュニケーション研修なわけ?


と従業員の皆さんが言うとしたら、その考え方がもう古い、と伝えなければいけません。



今までの面と向かってお互いの表情から気持ちを読み取り、
時にはハイタッチや握手などスキンシップでコミュニケーションをとっていた時代はもう過去です。


新しい時代のコミュニケーションの取り方をまた新たに学んでいかないと。



マスクして表情が読み取りくくコミュニケーションがとりずらい、と言ってる場合ではありません。
それでもコミュニケーションをとれる方法があるのであれば取り入れて、スタッフ同士が仲良くなってモチベーションが上がるなどして生産効率がUPするなら、
そっちの方が結局は、会社の利益につながる可能性、大です。


「今まで気にしたことなかった」
と、ほとんどの方がおっしゃる「声の出し方の影響力」。


もっとコミュニケーション力UP、会社の雰囲気をよくすることに役立てていただけるといいな、と思います。








春から話し方を変えたい方へ。応援特別割引スタート!

新年度は自己紹介が多い時期ですね。

また、新たな環境でスタートされる方もたくさんいらっしゃることでしょう。


そんな時こそ、今までとは違う魅力を自分にプラスするチャンスです。



そこで!年度替わりのこの時期、

パーソナルトレーニングから法人さま研修まで、


新年度応援!特別!!30%割引価格


で受講していただけます。



この時期はチャンスです!


特に初めて出会う方々はあなたの元々の声や話し方を知りません。

 楽しく話せば、元々楽しく話す人、

 堂々と話せば、元々堂々と話す人、

と思われる、以上!です。



急にどうしちゃったの? なんて言われることもなく、どんどん新しいスタイルの話し方にチャレンジしていただけます。


もし周りに知り合いがいて、今までと違うとツッコミを入れられても、


「うん。スタートの春だから今までよりもワンステージ上げようと思って。」


と、サラリと言えば、納得して応援してくださるのでは?



逆に、相手の方が焦っちゃうかもしれませんね(^^)



さぁ! 人前、カメラ前で話すたびにドキドキしたり、コレでイイのかな…ととまどうことなく、


もっと話すことを楽しめるようになりましょう!




パーソナルトレーニングから研修、講演などは、こちらの一覧ページでご覧ください。

メディアPR時トレーニング ダイジェスト版講座

先日、週部経済新聞様にも掲載していただきましたとおり、
プレゼンジャパでは、メディアトレーニング・プレゼンjテーショントレーニングを行っています。

Jリーガーの方や、No.1(何かのジャンルでNo.1の座にいらっしゃる方)、経営者、経営幹部の方々などに行わせていただいている、
テレビ取材を受けるときや動画発信するとき、または
大勢の前で講演される時など、
印象良くイキイキ堂々とお話いただくためのトレーニングです。

テレビやラジオで長く仕事させていただいて感じるのは、
まず「声の出し方」が違う、ということです。
声の出し方を変えるだけで、聞き手に届きやすくなり、
印象もグンッと良くなります。
(テレビ・ラジオに出ている人で、暗く聞き取れなくて印象の悪い人は、そんなにいないですよね。)

もちろん、声だけでなく、滑舌の明瞭度、
カメラに向かって話す時は表情も非常に重要です。

今回、このようなメディアトレーニングを一部抜粋して受講いただけるように致しました。
プレゼンジャパンのメディアトレーニングはどういったことをするの?
という方や、
取材や講演など話す機会が多い、という方にもぴったりです。

声や滑舌、話し方は、スポーツと同じでどれだけでもスキルアップし、今までの自分の話し方とは違う、新しい話し方を身につけることができます。

習慣ですから。

「だんだん話すのが楽しくなってきた」というのが、これまでの受講者の皆さまからよくいただく感想です。

ぜひお気軽にご参加下さい。

日時:2019年9月29日(日)
   16:30~18:00
   
会場:名古屋市公会堂 2階第2集会室
    466-0064 愛知県名古屋市昭和区鶴舞1丁目1−3
   アクセス詳細はこちら
   地下鉄鶴舞線またはJR中央線「鶴舞駅」下車 徒歩2分

参加資格:特にありません。

定員:20名(最小催行人数:4名)
   (大勢で一緒に行うことに抵抗が有る方は、マンツーマンでしっかり身につけていくためのプログラムのプライベートレッスンがおすすめです。)

締め切り:2019年9月27日(金)24時

参加費: 一人 10,000円(税込)
     お二人同時申し込みの場合 一人9,000円(税込)
    
    受講シーン撮影時やbefore-afterの動画をプレゼンジャパンの講座内容紹介のため、プレゼンジャパン関連情報発信サイト(HP・SNS等)等での公開をOKとしてくださる方)は、
     一人 8,000円(税込) とさせていただきます。
    お二人同時申し込みでおふたりとも顔出しOKの場合
     一人あたり 7,000円(税込)

お支払い方法:事前振込 、当日キャッシュレス(PayPay、LINEPay)、現金。


お申込みはこちらの専用フォームからお願い致します。


小中学生のための受験面接対策講座(グループトレーニング)

 秋から冬にかけ、高校入試面接のためのプライベートトレーニングに時々お申込みいただきます。

中学3年生を対象に、面接会場に入るときの姿勢、歩き方からはじまり、
お辞儀、表情、そして
しっかりした声とハキハキした滑舌などなどなどなど。

何度も何度も繰り返し練習し、そのうちに自分でも改善点をどんどん発見できるようになっていきいます。

これまでの受講してくださった皆さんは皆さん望校に入学されています。

別の講座を受けてくださった小学生は、有名中学にも入学され、私も嬉しくなりました。

今回は、グループトレーニグとし、基本要素をお伝えします。

声が小さなお子さんの場合は、自分がどれくらい小さくて、
あとどれくらい大きな声で話すとよいのか。

どうしたらできるだけ緊張しないで面接に挑めるか、など
お子さんが少しでも、自信をお持ちいただく機会にしていただければと思います。

「親子ではどうしてもなかなか言うこと聞かなくて」「自身をつけさせてあげたい」など、保護者の皆様もなにかしてあげたい、とお思いのことと思います。

この講座は、受験面接の時だけではなく、これから社会人になる際の面接、
プレゼンテーション、そしてもっと重要な、人とのコミュニケーション力UPにもつながります。
いかに相手に自分の思いをきちんと伝えるか、


そんな、一生役立つスキルの基本要素を、お子様ご自身に知っていただけます。


ぜひこの機会にご参加下さい。


日時:2019年9月29日(日)
   10:30~12:00の部
   13:30~15:00の部

会場:名古屋市公会堂  2階第2集会室
    466-0064 愛知県名古屋市昭和区鶴舞1丁目1−3
   アクセス詳細はこちら
   地下鉄鶴舞線またはJR中央線「鶴舞駅」下車 徒歩2分

参加資格:小学4年生~中学3年生
     (今年受験生でなくともOKです。将来のためにぜひ)

定員:15名(最小催行人数:4名)
   (大勢で一緒に行うことに抵抗が有る方は、マンツーマンでしっかり身につけていくためのプログラムのプライベートレッスンがおすすめです。)

締め切り:2019年9月27日(金)24時

参加費: 一人 7,000円(税込)
     お二人同時申し込みの場合 一人6,000円(税込)
    
    受講シーン撮影時やbefore-afterの動画をプレゼンジャパンの講座内容紹介のため、プレゼンジャパン関連情報発信サイト(HP・SNS等)等での公開をOKとしてくださる方)は、
     一人 5,000円(税込) とさせていただきます。
    お二人同時申し込みでおふたりとも顔出しOKの場合
     一人あたり 4,500円(税込)

※講座中は、保護者の皆様の同席はご遠慮いただいています。
お子様が甘えたり恥ずかしがって真剣に取り組まない可能性が高いためです。
送り迎えなどはもちろんかまいません。ご理解の程よろしくお願い致します。


お申込みはこちらの専用フォームからお願い致します。

ういろう売り、一般の方にもトレーニングで使っています

海老蔵さんがお休みして、勸玄くんが、4分近い早口のせりふを披露したと話題のその中身、「ういろう売り」。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6330236


プロの喋り手の世界では教科書(テキスト)に必ず出てくるような題材です。
私の開催する講座でも使用することがよくあります。
プロの話し手を目指す方ではなく、一般の方の場合でもです。
ちょうど今も、練習していただいている経営者様も。

そこで重要なのは、早く言うことが目的ではありません。早口言葉は結果論です。と、私は考えており、それをいつも受講者の方にお伝えします。

早口言葉を早く言うのが目的ではなく、滑舌の練習をしていたら言いにくい早口言葉も早く言えるようになったんです。といった感じです。


一音一音すべての文字(言葉や単語ではなくて、文字単位です)を、きれいな発音と明瞭な滑舌で言えるように練習し続けたら、
スピードを早くしても、
どんな言いにくい文字の並び(言葉)でも、
すべてを速く正確に言えるようになった。

という、練習の結果、早口言葉もきれいに早口で言える、という素晴らしい成果が出る。という考え方です。

じゃないと、”その早口言葉の文言”を早く言うことが目的になってしまうからです。


もちろん、それもありです。楽しいです。ゲームや、50m走りのような、自分との戦いみたいな感じで(笑)。


でも、喋りの上達を目指す人は、その早口言葉を言えるようになること(だけ)では全く不足です。いつもなんでもちゃんと言えなくてはいけないので。

ただ、
言いにくい部分をいかに口や舌を動かし、音の出し方をコントロールして言えるようにするか、その部分練習はその後の喋り手人生においては抜群に役立ちます。

その言いにくいフレーズを、どうしたら言いやすくなるか、何百回も何千回も同じところを言っていると、あ、こうしたら言いやすい!!と発見があるからです。

ういろう売り、みなさんもぜひトライを!
プロも練習している「ういろう売り」、私も言えますよ。
と、サラッと言えたら、かっこいいと思いませんか?
受講者の方にはぜひ、そんなふうに、いろいろな面からカッコよく、話すことを楽しんでいただきたいのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E9%83%8E%E5%A3%B2

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVE