BLOG

ういろう売り、一般の方にもトレーニングで使っています

海老蔵さんがお休みして、勸玄くんが、4分近い早口のせりふを披露したと話題のその中身、「ういろう売り」。

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6330236


プロの喋り手の世界では教科書(テキスト)に必ず出てくるような題材です。
私の開催する講座でも使用することがよくあります。
プロの話し手を目指す方ではなく、一般の方の場合でもです。
ちょうど今も、練習していただいている経営者様も。

そこで重要なのは、早く言うことが目的ではありません。早口言葉は結果論です。と、私は考えており、それをいつも受講者の方にお伝えします。

早口言葉を早く言うのが目的ではなく、滑舌の練習をしていたら言いにくい早口言葉も早く言えるようになったんです。といった感じです。


一音一音すべての文字(言葉や単語ではなくて、文字単位です)を、きれいな発音と明瞭な滑舌で言えるように練習し続けたら、
スピードを早くしても、
どんな言いにくい文字の並び(言葉)でも、
すべてを速く正確に言えるようになった。

という、練習の結果、早口言葉もきれいに早口で言える、という素晴らしい成果が出る。という考え方です。

じゃないと、”その早口言葉の文言”を早く言うことが目的になってしまうからです。


もちろん、それもありです。楽しいです。ゲームや、50m走りのような、自分との戦いみたいな感じで(笑)。


でも、喋りの上達を目指す人は、その早口言葉を言えるようになること(だけ)では全く不足です。いつもなんでもちゃんと言えなくてはいけないので。

ただ、
言いにくい部分をいかに口や舌を動かし、音の出し方をコントロールして言えるようにするか、その部分練習はその後の喋り手人生においては抜群に役立ちます。

その言いにくいフレーズを、どうしたら言いやすくなるか、何百回も何千回も同じところを言っていると、あ、こうしたら言いやすい!!と発見があるからです。

ういろう売り、みなさんもぜひトライを!
プロも練習している「ういろう売り」、私も言えますよ。
と、サラッと言えたら、かっこいいと思いませんか?
受講者の方にはぜひ、そんなふうに、いろいろな面からカッコよく、話すことを楽しんでいただきたいのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%96%E9%83%8E%E5%A3%B2

ギャラリー5 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子<5>です。
s240_se13_DSCF0768.jpg
みんなのプレゼンが終わった後、審査員室では審査が・・・
s240_sf01_DSCF0867.jpg
そして、いよいよ表彰式です。
s240_sf02_DSCF0930.jpg s240_sf03_DSCF0937.jpg
優勝、準優勝、など、受賞者が発表され、賞状と副賞授与。
s240_sf04_DSCF1056.jpg s240_sf05_DSCF1034.jpg
今年は、審査員の先生お二人から、参加者一人ひとりに向けて、
感想やアドバイスをいただきました。
s240_sf06_DSCF1105.jpg s240_sf07_DSCF1123.jpg
さあ、退場ですよ!
と思ったらここで、想定外の展開が!!
子ども達が「ちょっと待って」と、ステージ上でなにやら話し合いを始めました。
ハハハ。大人の世界なら絶対にありえないことですが、
子どもって自由だな~(笑) と、おもしろくなってしまいました。
これが大事!! こういった発想や行動力が大切なのです。
話し合いの結果、みんなでそろえて何かしよう、と企んだようでした。
いつのまにかこんなに仲良くなっていました。それも嬉しい♪
s240_sf08_DSCF1129.jpg s240_sf09_DSCF1132.jpg
s240_sf10_DSCF1136.jpg s240_sf11_DSCF1139.jpg
ラストは、なんというみんなかわいい笑顔!!
出場してくださった、皆さん。
応援してくださった、保護者の皆様。
支えてくださった、スタッフの皆さんとこのイベントに関わる全ての皆様。
本当にありがとうございました。
第4回は、2018年12月27日(木)に開催いたします。
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

ギャラリー1はこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー4はこちら
友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

ギャラリー4 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子<4>です。
いよいよ本番です。
s240_se00_DSCF0564.jpg s240_se01_DSCA0799.jpg
審査してくださる先生は、
プレゼン経験豊富な先生、テレビ番組制作に携わる先生です。
s240_se02_DSCF0693.jpg s240_se03_DSCF0643.jpg
ステージをどう使うかも自由。
今年は一輪車に乗って登場する子も。
s240_se04_DSCA0690.jpg s240_se06_DSCA0699.jpg
スポットライトを浴び
s240_se08_DSCF0679.jpg s240_se07_DSCA0913.jpg
真っ暗な円形ステージの真ん中でたった一人で話す。
表情ももちろん大型スクリーンで。
この経験を子どもの頃からさせてあげたい!
という思いからこのプレゼン大会をはじめたのでした。
まさにそんなシーン。
s240_se09_DSCA0856.jpg s240_se10_DSCA0885.jpg
ステージは広いんだから、たって話さなくても動いても良いし、小道具を使ってもOK。
どう話すか、どう魅せるか、も「伝える」には大事なのよ。とお伝えしています。
s240_se11_DSCA0881.jpg s240_se12_DSCA0900.jpg
インタビューの練習も。
スポーツ選手なら、ヒーローインタビュー。
何かで優勝しても、インタビューはつき物ですものね。
緊張して話すシーンとは違う表情も見ることのできる楽しい瞬間です。
続きはこちら
ギャラリー5はこちら
ギャラリー1はこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー4はこちら
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

ギャラリー3 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子<3>です。
s240_sc01_DSCF0496.jpg s240_sc02_DSCA0088.jpg
ピンマイクをつけて、カメラの前へ。
マイクをつけるとちょっと緊張感が増すようです。
プレゼンジャパンの全体のコンセプトとして、
テレビやラジオでも、感じ良くイキイキと話せるように。
ということを非常に重要視しています。
なので、その体験もしていただきます。
何か一つのことに打ち込んでその道のNo.1になったり、
トップクラスになれば、テレビ等に出る機会は必ずやってきます。
そのときにこそ、見ている方が幸せな気持ちや楽しい気持ちになったり、
多くの方に自分の魅力が伝わり、応援してくださったりファンになってくださる方が現れたり、
という存在になっていただければ、と思うのです。
応援する相手ができる、というのは、人生にワクワクやトキメキをもたらすため、
見ている側も幸せな気持ちを味わえるからです。
s240_sc03_DSCA0137k.jpg 
自分のカメラ映りも確認します。
s240_sc04_DSCF0503.jpg s240_sc05_DSCF0506.jpg
天気予報のお姉さん、を体験してみたり。
s240_sc06_DSCF0488.jpg
身体が消えちゃう!?
バーチャルスタジオの仕組みを楽しむ時間も。
続きはこちら
ギャラリー4はこちら
ギャラリー1はこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー5はこちら
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

ギャラリー2 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子<2>です。
s240_sb01_DSCF0322.jpg s240_sb02_DSCF0326.jpg
話す内容はその場で考えます。
私からはヒントを出すだけに留めています。
s240_sb03_DSCF0366.jpg s240_sb04_DSCF0432.jpg
考えたことをみんなで聞いてみます。
話してみた自分の感想、聞いている側が感じたことなど、意見交換。
どうすればもっと良くなると思う?
ここでも私は質問。考えてもらうのです。
そうすると、私が答えを言わなくても子ども達からちゃんと答えが出てくるのです。
もし答えが出ない、または違う方向に行きそうだったら、
それも質問で軌道修正。
とにかく考えて、より素敵になる意見がたくさん出て、
その中から自分が良いと思う方法を取り入れてもらうのです。
ここで私から答え(のようなもの)を言ってしまうと、
それを取り入れること、真似すること、しかしなくなってしまいます。
正解を教える場ではなく、上手に話すことが目的でもなく、
どうやって伝わるように一生懸命伝えるか、を学び、体験していただく場です。
途中でつっかえても(=いわゆる”噛む”)、そんなことは全然気にせず、
言い直せばOK。
スラスラ話す人と、一生懸命話す人、どっちの人を応援したい、と思う?
そんな、考え方、を中心に伝えています。
s240_sb05_DSCA0495.jpg
みんなのいろいろな意見を聞いたうえで、
再度内容を見直し、また自分で話してみます。
これは大人にも言えることですが、
「喋るとわかる」んです。
続きはこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー1はこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー4はこちら
ギャラリー5はこちら
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

ギャラリー1 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子です。
s240_sa01_DSCA0367k.jpg s240_sa02_DSCF0215.jpg
まずはなんといっても、良い声を出すこと。
s240_sa03_DSCA0412.jpg
ちゃんといい声が出せているか、自分の声をよく聞いてみます。
意外と自分が話すときに、自分の声を同時に聞くことって難しいのです。
s240_sa04_DSCA0338.jpg s240_sa05_DSCA0348.jpg
もちろん発音、滑舌の練習も。
正しい口の形ができているか、鏡を見て確認。
続きはこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー1はこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー4はこちら
ギャラリー5はこちら
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

チラ見せ<その9>全国子どもプレゼン大会のトレーニング

自由に話しましょ♪
s240_0329_xlarge.jpg s240_0512_xlarge.jpg
s240_0518_xlarge.jpg
さぁ!
どんなに緊張しても、一生懸命、そして楽しんで、話しましょう。
大事なのは、”噛まない”とか”上手に話すこと”ではありません。
”思いが伝わるか”です。
伝えよう、という気持ちを絶対に忘れない、ということが大切です。
何をしてダメ、何をしなくちゃダメ、もありません。
このプレゼン大会でプレゼンすることに、”失敗”はありません。
思うようにやってみてごらんなさい!
第3回全国子どもプレゼン大会の概要はこちらです。

チラ見せ<その8>全国子どもプレゼン大会のトレーニング

大っっっきく映りますからね、顔も全身も。
s240_0241_xlarge.jpg s240_0328_xlarge.jpg
活躍し、人から注目される存在になったら、
テレビなどのときはもちろん、どんなときでも写真に撮られ、動画に撮られることになります。
スポーツでもコンサートでも、大型ビジョンに表情を映し出されたりしますでしょ?
話すときにどんな表情をしているのか、立ち方や身振り手振りはどうなのか。
意識しておくことは重要なのです。
すっごく大きく映るので、一瞬でも変な顔するとお客様には見えちゃうぞ~!
の緊張感も楽しんじゃいましょう♪
第3回全国子どもプレゼン大会の概要はこちらです。

チラ見せ<その7>全国子どもプレゼン大会のトレーニング

真っ暗な中にたった一人スポットライトを浴びる緊張感は?
s240_0318_xlarge.jpg s240_0243_xlarge.jpg
本番前は、「全然緊張していない」と言っていた子も
いざ本番になり、真っ暗な中でスパーン!とスポットライトを浴びると、
「やべやべやべっ」(過去出演者の中学生男子に、後から聞いた感想です(笑))
となります。
その緊張感・・・。
そう!それを味わって欲しいのです。
どれくらい緊張するか自分で知っていれば、
本当に活躍し、ステージで一人で話すときが訪れても、もう体験済みだから想像つくでしょう?
そうしたら、我を忘れるほど緊張せず、少しでも自分らしく振舞う余裕が持てるじゃありませんか。
その証拠に。
前回出場してくれた小学6年生が、大会後に言っていたそうです。
「この体験したから僕、何をするにも自分の殻を破れるようになった。もうこれやったら何でもありだもんね。」と。
そう。この緊張感、そして、ここで話す楽しさのような感覚を味わっていただけたら、
きっと後々のいろいろな機会がカンタンに感じるはずです。
だからこのシチュエーションなのです。ガンバレッ!(笑)
第3回全国子どもプレゼン大会の概要はこちらです。

チラ見せ<その6>全国子どもプレゼン大会のトレーニング

テレビ出演模擬体験、も。
s240_0173_xlarge.jpg s240_0158_xlarge.jpg
天気予報の際や、テレビで見るような映像はどんな仕組みになっているのか。
そんなことも知ったり体験していただけるようにしています。
何かのジャンルでNo.1になった人、しかもそれが地域や全国、世界レベルでのNo.1であれば、
必ずテレビ出演の機会が訪れるでしょう。
そのときに、緊張しすぎて上手く話せない・・・ってなったらもったいない!
何か一つ、優れた才能や技術を持っている人には、絶対にテレビ出演やカメラ前でのプレゼン能力を備えておくべき!
というのが私の信条。
だから、これも最も重要視している体験(トレーニング)のうちの一つです。
第3回全国子どもプレゼン大会の概要はこちらです。

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVE