BLOG

全国こどもプレゼン大会 エントリー前の疑問やお悩みにお答えします

全国子どもプレゼン大会の出場者募集にあたり、
よくいただくご質問についてのお答えをご紹介します。

【イベントの詳細についてはこちらのページを御覧ください↓】
全国子どもプレゼン大会開催ご案内ページ

よくいただくご質問にお答えするQ&Aのコーナーです。

Q.うちの子は話すのが苦手だから…

A.だからピッタリです!
楽しんでいるうちに苦手から脱出でき、上手に話すためのコツが身につくレッスンを行います。

Q.何を話すんですか?

A.得意なことや好きなこと、将来の夢など、なんでも。
例えば、
◯◯になりたい、という話はもちろん、
バスケットが得意ならユニフォーム姿でボール持ってドリブルしながら、
ここが得意!ここが難しい!と技を見せてくれたりアピールしたり、
学校の部活で大会で優勝した!でも聞いてくださいよ、それまでの練習がこんなにもキツかったんです!とその練習方法を話したり。
または、お菓子作りが好きで作れるようになったらこんなこと(知らない人知り合えた?人生の変化?)が起こった!
なども立派なプレゼンです。
怪我の心配などが無ければ、話題や方法は自由です。
ただし、歌を歌うだけ、何かをして見せるだけ、といった
パフォーマンスだけにならないよう、必ず”話すこと”をセットとし、話す時間として最低30秒は確保していただくように進めます。

Q.文章を読む練習してそれを発表するのかと思っていました。

A.いえいえ。自分の言いたいことを伝える力を養うトレーニングです。
しかも、
話す内容も自分で考えて、本番ではみんな何も見ずにプレゼンされますよ?
忘れないように書いた物なども見ていいよ、と言っていますが、見ずにちゃんと一人で話す子が続出です。
実はそこには、見なければ喋れないような台本やメモの作り方をさせない、”見なくても話せるようになるテクニック”をトレーニング内に盛り込んであります。

Q.とくに話す内容が無いから…

A.話す内容は決まっていなくても大丈夫です。
当日、話す内容を考えるところから始めるのでご心配無く。
逆に、話す内容が決まっていても、なんとなくこんな話をしようかな、くらいまでで”練習はしないでください”とお伝えしています。

Q.人前でなんて話せないと思います。

A.みんなそう思っているので、それができるようになっちゃうよ?という機会です。
同年代の参加者もみんな楽しんでやっていると自然にチャレンジできるようになるお子さんもたくさんいらっしゃいます。
先の人生もきっと発表や面接、プレゼンはついて回ります。
社会に出てから焦るより、今できるようになればきっとこの先ずーっと気が楽になります。
ぜひこういった機会を活かしていただければと思います!

Q.私(保護者様)は行かせたいけど子どもが嫌がるので…

A.お子さんは、話し方を注意されて直される、と誤解してしまっているのかも。
今までよりカッコよく、かわいく、または堂々と、イキイキと話すことができるようにするための、”新しい話し方”をもう一つ自分に増やすんですよ~。
もちろん、いま、できていることはさらにどう磨きをかけたらもっとうまくいくか、もわかっちゃいます。

Q.コミュニケーションが苦手で…

A.先生や同年代の参加者と、知らない間に会話が増えるのでいつのまにか、
ちゃーんといままでよりも上手にコミュニケーション取れるようになっていきますよ。

Q.私(保護者様)は夜だけ来れば良いですか?

A.はい。レッスン中は保護者の皆様には原則として席を外していただくようお願いしています。お子様が恥ずかしがったり小さな子は甘えが出るなど、思いっきり声を出したりできなくなるためです。
お子様を会場にお連れいただきましたらレッスン終了後(プレゼン本番前)にお越しください。
(お子様一人で来られる年齢の場合は本番前にご来場いただくのみでももちろんかまいません。)
ご家族や親戚の皆様、お友達などをお誘いいただくのも大歓迎です。
皆さんで応援してあげてください♪

などなど。
同じ疑問がありましたでしょうか?
この他にもご不明な点がおありでしたら
直接ご説明させていただきます。
もうすぐお申込締切日です。
迷っていらっしゃったり、特に、お子様への説得材料(笑)にお困りの方はご相談もお受けしますのでお気軽にご連絡ください♪

激変!中3年男子のプレゼン before-after

 全国子どもプレゼン大会の過去出場者のbefore-after(トレーニング前&本番のプレゼンテーション)動画をUPしました。

半日でこんなに変わるの!?と大人もみんなビックリです。

全国子どもプレゼン大会は、トレーニング付きのプレゼン大会のため、
話すのが苦手な子までも、本番で堂々と話せるようになっていくのです。

その姿、泣いてしまいそうなほど感動です(ToT)

第4回全国子どもプレゼン大会とは(別ページが開きます)

第4回 全国子どもプレゼン大会とは

大きな円形ステージの中央で、たった一人、スポットライトを浴びて自分の思いを話す。。。

いかに人の心に届くように伝えられるか。その大切さも学べる、発声方法やステージングのトレーニング付きプレゼン大会です。

ed64ab97a8bb2d9eb2cb929e7e1d7587-300x200.jpg

 

大ステージでワクワクドキドキ体験、させてあげませんか?

 
 
 

将来を見据えた3つのトレーニング

発声・滑舌・表情

伝える際に最も重要なのにきちんと教わる機会の少ない、相手にちゃんと伝わる声の出し方と滑舌。そして”どういう印象で伝わるのか”を意識して話す力を養います。

自分で考え、言葉を選ぶ

話す内容も選ぶ言葉も、自分で考えます。さらに、どうしたら聞く人の心に届きやすくなるか、を先生からのヒントをもとに、話の構成も考えていきます。

メディア出演体験

将来、インタビューされたり、テレビ・ラジオ出演・またはyoutuberのような動画配信など、メディアに出る機会が訪れてもバッチリ!となれるように、プロのコツを学べます。

 
 
 

第4回 全国子どもプレゼン大会開催概要

日にち 2018年12月27日(木)
時 間 13:00~20:30(詳細は下部に記載)
会 場 千種文化小劇場(千種座)
愛知県名古屋市千種区千種三丁目6番10号<map
エントリー費 小学5年~中学3年
定 員 10名
締 切 12月25日(火)
主 催 プレゼンジャパン
◆説明会・大会のお申込みはこちら

 

当日スケジュールとプレゼン大会詳細

当日スケジュール(予定):
 13:00 集合
 13:10-14:00 トレーニング(1)発声発音
 14:10-15:20 トレーニング(2)トーク基礎
 15:30-17:30 トレーニング(3)プレゼン<兼 リハーサル>
 17:30-18:15 休憩・自主練習・準備時間
 18:15-18:30 待機
 18:30-20:30 プレゼン大会・結果発表・表彰

プレゼン時間:1分以内

テーマ:自由(エントリー後に詳細をご連絡いたします)

表 彰:優勝、準優勝、第3位、特別賞、参加賞

※ご注意
プレゼン大会の模様(お写真・動画等)は、広く公開される場合がありますことをご了承ください。
(お名前など固有の情報についての公開非公開はご希望に応じさせていただきますのでお申し出ください。)

 
 
 

説明会を開催いたします。

日 時
2018年12月19日(水)19:00~20:10(18:45受付開始)
終了後個別質問承ります。
会 場
名古屋市 青少年文化センター(アートピア) 第2研修室
名古屋市中区栄三丁目18番1号<map
ナディアパーク内デザインセンタービル9階
参加費 無料
対 象 小学5年~中学3年生の保護者様
お子様の勉強、文化、芸術等の指導者(塾、習い事教室等の講師、経営者様)
◆過去に出場してくださったお子様の保護者の皆様の声
 
 
 
よくいただくご質問やお悩みにお答えするQ&Aコーナーを追記しました
こちら↓をご覧ください。
 
 
 

過去出場者のビフォア・アフター動画です。↓

トレーニング付きだから本番も安心です。

 
 
 

一生消えない財産を子どもたちに

プレゼンジャパン 代表  
No.1のための声戦略トレーナー  梶田香織

人前で感じよく、ちゃんとした声でしっかり話せるようになれば、たくさんの人と出会い協力を得ながら、
やりたいことに向かって自分で人生を切り開いて行ける力になるでしょう。
声の出し方・話し方は、一度身に着けたら一生消えない財産です。そして稼ぐ力にもなります。

お子さまに、そんな財産を残してあげませんか?

 特に、何かの分野でNo.1の実績を持つお子様は、人前や取材インタビューを受ける際などにしっかり好印象で話すことができれば、ファンが増え、応援してくださる方も増えるかもしれません。
将来有名になりたい!社長になりたい!または最近流行りのyoutuberになりたい、という場合も基本は同じ。大勢の人前やカメラの前で、いかに人を巻き込めるほどの話し方・伝え方ができるか、が重要です。

このイベントは、そんな、将来役立つ話し方のスキルを、ぜひ子どものうちから、しかも、楽しく!学ばせてあげたい、と思い企画いたしました。
上手に失敗しないように話すことが大事なのではなく、いかに聞く人の心に届くように話すか、の大切さも知ってほしいのです。

話し方を直される、イヤなことをさせられる、というお子様の想像とは全く違う、楽しみながら、緊張してもどこかワクワクする緊張感を味わいながら、人前で堂々と話す時の、楽しさや気持ちよさを味わわせてあげたいと思います。
受験時の面接対策や、コミュニケーション力UPにもきっとお役立ていただけることと思います。
お子様が、スポットライトを浴びて輝く姿に、ぜひご期待ください。

ギャラリー5 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子<5>です。
s240_se13_DSCF0768.jpg
みんなのプレゼンが終わった後、審査員室では審査が・・・
s240_sf01_DSCF0867.jpg
そして、いよいよ表彰式です。
s240_sf02_DSCF0930.jpg s240_sf03_DSCF0937.jpg
優勝、準優勝、など、受賞者が発表され、賞状と副賞授与。
s240_sf04_DSCF1056.jpg s240_sf05_DSCF1034.jpg
今年は、審査員の先生お二人から、参加者一人ひとりに向けて、
感想やアドバイスをいただきました。
s240_sf06_DSCF1105.jpg s240_sf07_DSCF1123.jpg
さあ、退場ですよ!
と思ったらここで、想定外の展開が!!
子ども達が「ちょっと待って」と、ステージ上でなにやら話し合いを始めました。
ハハハ。大人の世界なら絶対にありえないことですが、
子どもって自由だな~(笑) と、おもしろくなってしまいました。
これが大事!! こういった発想や行動力が大切なのです。
話し合いの結果、みんなでそろえて何かしよう、と企んだようでした。
いつのまにかこんなに仲良くなっていました。それも嬉しい♪
s240_sf08_DSCF1129.jpg s240_sf09_DSCF1132.jpg
s240_sf10_DSCF1136.jpg s240_sf11_DSCF1139.jpg
ラストは、なんというみんなかわいい笑顔!!
出場してくださった、皆さん。
応援してくださった、保護者の皆様。
支えてくださった、スタッフの皆さんとこのイベントに関わる全ての皆様。
本当にありがとうございました。
第4回は、2018年12月27日(木)に開催いたします。
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

ギャラリー1はこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー4はこちら
友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

ギャラリー4 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子<4>です。
いよいよ本番です。
s240_se00_DSCF0564.jpg s240_se01_DSCA0799.jpg
審査してくださる先生は、
プレゼン経験豊富な先生、テレビ番組制作に携わる先生です。
s240_se02_DSCF0693.jpg s240_se03_DSCF0643.jpg
ステージをどう使うかも自由。
今年は一輪車に乗って登場する子も。
s240_se04_DSCA0690.jpg s240_se06_DSCA0699.jpg
スポットライトを浴び
s240_se08_DSCF0679.jpg s240_se07_DSCA0913.jpg
真っ暗な円形ステージの真ん中でたった一人で話す。
表情ももちろん大型スクリーンで。
この経験を子どもの頃からさせてあげたい!
という思いからこのプレゼン大会をはじめたのでした。
まさにそんなシーン。
s240_se09_DSCA0856.jpg s240_se10_DSCA0885.jpg
ステージは広いんだから、たって話さなくても動いても良いし、小道具を使ってもOK。
どう話すか、どう魅せるか、も「伝える」には大事なのよ。とお伝えしています。
s240_se11_DSCA0881.jpg s240_se12_DSCA0900.jpg
インタビューの練習も。
スポーツ選手なら、ヒーローインタビュー。
何かで優勝しても、インタビューはつき物ですものね。
緊張して話すシーンとは違う表情も見ることのできる楽しい瞬間です。
続きはこちら
ギャラリー5はこちら
ギャラリー1はこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー4はこちら
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

ギャラリー3 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子<3>です。
s240_sc01_DSCF0496.jpg s240_sc02_DSCA0088.jpg
ピンマイクをつけて、カメラの前へ。
マイクをつけるとちょっと緊張感が増すようです。
プレゼンジャパンの全体のコンセプトとして、
テレビやラジオでも、感じ良くイキイキと話せるように。
ということを非常に重要視しています。
なので、その体験もしていただきます。
何か一つのことに打ち込んでその道のNo.1になったり、
トップクラスになれば、テレビ等に出る機会は必ずやってきます。
そのときにこそ、見ている方が幸せな気持ちや楽しい気持ちになったり、
多くの方に自分の魅力が伝わり、応援してくださったりファンになってくださる方が現れたり、
という存在になっていただければ、と思うのです。
応援する相手ができる、というのは、人生にワクワクやトキメキをもたらすため、
見ている側も幸せな気持ちを味わえるからです。
s240_sc03_DSCA0137k.jpg 
自分のカメラ映りも確認します。
s240_sc04_DSCF0503.jpg s240_sc05_DSCF0506.jpg
天気予報のお姉さん、を体験してみたり。
s240_sc06_DSCF0488.jpg
身体が消えちゃう!?
バーチャルスタジオの仕組みを楽しむ時間も。
続きはこちら
ギャラリー4はこちら
ギャラリー1はこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー5はこちら
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

ギャラリー2 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子<2>です。
s240_sb01_DSCF0322.jpg s240_sb02_DSCF0326.jpg
話す内容はその場で考えます。
私からはヒントを出すだけに留めています。
s240_sb03_DSCF0366.jpg s240_sb04_DSCF0432.jpg
考えたことをみんなで聞いてみます。
話してみた自分の感想、聞いている側が感じたことなど、意見交換。
どうすればもっと良くなると思う?
ここでも私は質問。考えてもらうのです。
そうすると、私が答えを言わなくても子ども達からちゃんと答えが出てくるのです。
もし答えが出ない、または違う方向に行きそうだったら、
それも質問で軌道修正。
とにかく考えて、より素敵になる意見がたくさん出て、
その中から自分が良いと思う方法を取り入れてもらうのです。
ここで私から答え(のようなもの)を言ってしまうと、
それを取り入れること、真似すること、しかしなくなってしまいます。
正解を教える場ではなく、上手に話すことが目的でもなく、
どうやって伝わるように一生懸命伝えるか、を学び、体験していただく場です。
途中でつっかえても(=いわゆる”噛む”)、そんなことは全然気にせず、
言い直せばOK。
スラスラ話す人と、一生懸命話す人、どっちの人を応援したい、と思う?
そんな、考え方、を中心に伝えています。
s240_sb05_DSCA0495.jpg
みんなのいろいろな意見を聞いたうえで、
再度内容を見直し、また自分で話してみます。
これは大人にも言えることですが、
「喋るとわかる」んです。
続きはこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー1はこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー4はこちら
ギャラリー5はこちら
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

ギャラリー1 第3回全国子どもプレゼン大会(2017/12/25) 

2017年12月25日開催の、第3回全国子どもプレゼン大会の様子です。
s240_sa01_DSCA0367k.jpg s240_sa02_DSCF0215.jpg
まずはなんといっても、良い声を出すこと。
s240_sa03_DSCA0412.jpg
ちゃんといい声が出せているか、自分の声をよく聞いてみます。
意外と自分が話すときに、自分の声を同時に聞くことって難しいのです。
s240_sa04_DSCA0338.jpg s240_sa05_DSCA0348.jpg
もちろん発音、滑舌の練習も。
正しい口の形ができているか、鏡を見て確認。
続きはこちら
ギャラリー2はこちら
ギャラリー1はこちら
ギャラリー3はこちら
ギャラリー4はこちら
ギャラリー5はこちら
第4回全国子どもプレゼン大会 概要はこちらです
http://kajitakaori.blog.fc2.com/blog-entry-2970.html

友だち追加
※今後の、全国子どもプレゼン大会情報のほか、
様々な講座情報もLINEで配信する予定です!
お友達になってね!

チラ見せ<その9>全国子どもプレゼン大会のトレーニング

自由に話しましょ♪
s240_0329_xlarge.jpg s240_0512_xlarge.jpg
s240_0518_xlarge.jpg
さぁ!
どんなに緊張しても、一生懸命、そして楽しんで、話しましょう。
大事なのは、”噛まない”とか”上手に話すこと”ではありません。
”思いが伝わるか”です。
伝えよう、という気持ちを絶対に忘れない、ということが大切です。
何をしてダメ、何をしなくちゃダメ、もありません。
このプレゼン大会でプレゼンすることに、”失敗”はありません。
思うようにやってみてごらんなさい!
第3回全国子どもプレゼン大会の概要はこちらです。

チラ見せ<その8>全国子どもプレゼン大会のトレーニング

大っっっきく映りますからね、顔も全身も。
s240_0241_xlarge.jpg s240_0328_xlarge.jpg
活躍し、人から注目される存在になったら、
テレビなどのときはもちろん、どんなときでも写真に撮られ、動画に撮られることになります。
スポーツでもコンサートでも、大型ビジョンに表情を映し出されたりしますでしょ?
話すときにどんな表情をしているのか、立ち方や身振り手振りはどうなのか。
意識しておくことは重要なのです。
すっごく大きく映るので、一瞬でも変な顔するとお客様には見えちゃうぞ~!
の緊張感も楽しんじゃいましょう♪
第3回全国子どもプレゼン大会の概要はこちらです。

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVE