BLOG

clubhouse向きの声の出し方とyoutube向きの出し方は違う

自分に知識がついていく瞬間が大好きで、セミナー受講が趣味な私にとって、
clubhouseは、様々な方の体験や知識等の情報があふれていて、「なんとかランド」のように楽しい。

そんな中で、「声っていいよね」「声だけでも伝わるよね」
と、たくさんの方が「声」だけで聞くことの楽しさや良さを感じているような感想を聞くと、とてもうれしくなる。
そう、声だけで伝える、って、おもしろいのだ。
(当たり前すぎてあまり注目したり気にする人が少ないけど
実は奥深くてとってもおもしろい、という点では、私の
もう一つの顔の分野、「バタートースト」と相通ずるところがある。ムフフ♪)


さて。
顔も映るyoutube、に加えて、声だけのclubhouse。
どちらも、そして、人前でも電話でも、とにかく共通するのは「声」。


かねてからお伝えしているように、
最終的には、声の出し方や話し方はすべて、目的に合わせてコントロールできるのが理想。


では、youtubeとclubhouse、同じ声の出し方で良いか、といえばそうではない。

もちろん、同じ場合もあるし目的にもよって同じ場合もあるが、
基本的には、異なる。


この2つのツールで大きく異なるのは、聞く側のスタンス。
youtubeは、見る(聞く)側も積極的。
clubhouseは、ちょっと聞き耳立てよっかな、と、軽いタッチ。良い話が聞ければラッキ~♪な感じだ。

この、聞いてくださる方の目的やスタンスに合わせて、話す、ということが、
聞き手にとって、何も違和感を感じず、疲れず、楽しんでいただけることにつながる。
ただし、あくまでも原則として、だ。
先ほどの意見は、いわばお客様目線。

自分で好きなことを好き放題に喋るから、気に入った人だけ見て(聞いて)いってくれればいいし。という場合はこの限りではない。


話を元に戻すと。
youtubeは話す人も、伝えたい!主張したい! という気持ちが強い人が多い媒体になったので、
見に行く(聞く)場合も、知りたい!楽しみたい!楽しませて~! 
という気持ちがある。

視聴者がそれくらい積極的だと、話す側もそれにこたえるために、
ガンガン楽しい雰囲気を出さない限り、つまならさそうに感じると、
瞬間的にチャンネルを変えて、見てもらえなくなる。

○○セール!と安さを期待して気持ち盛り上がって買い物に行ったのに、
なんだ、全然安くなってないではないか!
(ひどい時には)もうあそこのバーゲンは行かない。となるのと同じ感じだ。


それでもいいもんね~!と好きなように喋る方法もあるし、逆に
広告収入を増やしたいからフォロワーを増やさなくては!と思うなら、
見る側の期待に応えなければ!という考え方は大事だ。
(結局テレビの視聴率と同じ感じがしないでもないが)



youtubeで、特にライブコマース(テレビショッピング風)を目的とする場合にはこんな話し方をするのが良い、ということは、
SNSツールの(中小企業にとって)効果的な使い方、ということで最も私が
厚い信頼を寄せている「はちえん。坂田さん」のチャンネルでけっこうお話しさせていただいている。


一方clubhouseは、ユーザーの人の間で多く言われているように、
喫茶店や居酒屋などで、仲の良い、またはそのテーマが好きな人たちでワイワイ楽しく話している感じ。

聞く側も、隣の席で自分の興味ある話をしてるな~、
ちょっと耳をダンボにして聞いてしまおう、という感覚だろうか。

話す側も、聞いてくれる人がいてもいなくてもあまり関係ないけど、
もし同じ興味を持つ人がいたら、聞いていてくれてもかまわないし、
良かったら一緒に喋る? という感覚。
または、誰かほかに興味ある人がいたら一緒に喋れたらいいな~、な感じ。


聞く側はも、なんとなくちょっと聞き耳立ててみたい、というライトな感覚で、
自分を楽しませてよ!ということはきっとほとんど思っていない。
なので、あまり楽しくなくても、全然腹も立たないし、
他にどっか自分に合う話しているところ無いかな~。と思うだけ。

先ほどの買い物にたとえると、
そもそもバーゲン期間に行っているわけはなく、特別買う気も無く定価販売時期に買いに行っているので、
安くなってなくても何もイラっともしない。また後日何かいい物ないか覗いてみよっかな、という程度。

なのに、これぜひ買ってくださいよ、いいですよいいですよ!!と
熱く売り込まれると、あの店は店員さんがうるさいからあまり行きたくない、
となってしまう。


youtubeで、clubhouseのように雑談的な声の出し方や熱量、話し方をすると、
楽しませてくれるオーラが出ていないので聞く側は
もっと楽しませてくれそうなところに行きたくなる。

clubhouseでyoutubeように聞いて聞いてモードで話すと 、圧迫感を感じ、どこか落ち着かなかったり長時間聞いていると疲れる。


何かを「伝える」というシーンを考える時、
声無くして伝えるのは、紙媒体や看板、動画の音声無し、
だけで、そのほかの伝える手段としては、声はついて回ると言っても過言ではないだろう。 

声の出し方をコントロールする力は、身につけておいた方が、きっと生きる力になる。

ちなみに、clubhouseが思いのほどっぷりハマるのは、
無意識に、軽い感じで聞き、軽い感じで話しているところの、需要と供給がちょうどマッチしているからだろう。と私は考えている。

まあその前に、なかなか聞けない良い話があちらこちらのROOMであふれているから、という理由の方が大きいのは言うまでもない。



   

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVE