BLOG

全てをプラスの表現で言うとはこういうこと

突然ですが、私のアドレスは、info アットマークのあとは、presenjapan.jp です。

これを電話で聞き取ったとして、そのあとアルファベットを一文字一文字を、間違いないように確認するとしたら、

どのように確認しますか? 例えば

「i」を、「○○のアイ」で良いですか?というような方法です。


ふだんプライベートで話すときは私は、ドバーッと、なんて多少、品があるとは言えないラフな表現も使い、臨場感優先で話しています (笑) が、

仕事の時は、聞いて心地良い表現、想像しやすい表現、をするように気をつけているつもりでいます。

その重要さを先日、中国の方に教えていただきました。

パソコンのサポートセンターに電話した時です。
そのパソコンは結局初期不良っぽく、後日回収され入院しました(^^;)

というわけでサポートセンターに電話する際には多少イラッとしながらかけたわけです。

相手はまだ若そうで、日本語も難しい言葉を使うと通じず、日本語の聞き取り力からも発音からも、
まだ慣れてません!というのがひしひしと伝わってきました。

そんなわけで、こちらもゆっくりわかりやすい言葉を選び、丁寧に話すことで、イライラもいつしかおさまっていきました。

最後に、私のメールアドレスを伝える時が来ました。

さきほどの、
info アットマークのあとは、presenjapan.jp  です。

電話の向こうの彼女は、
「念のため復唱させていただきます」 と言った後、こう続けました。

「イタリアのi、

ニューヨークのN、

フランスのF、

大阪のO、 アットマーク、

パリのP、

ローマのR、


Eは、E、

スペインのS、

E、

N、でプレゼン、

ジャパンのJ、A、P、A、N

世界一周だ。。。

と思った瞬間に、頭の中が、スーッとして、
暗い箱の中にいたら頭上の蓋が開いて、明るい日差しの中にワーッと飛び出したような、
素晴らしい開放感を、映像で見えるかのように感じました。

なんと夢のある言い方なんでしょう。

どこの国の方にも伝わる表現を、というルールからかもしれません。

でも、そのたどたどしい、でも明るくてハッキリとして、 一生懸命な 話し方と相まって、とても印象が良く、
最後は気持ちよくなって電話を切りました。

こういうことなんです。

同じことを言ったり説明するにも、言葉の選び方で印象に影響を与え、相手の心理状態や感情を動かす、って。

だから、どのような表現をそこで選択するか、がとても重要。

本当に良い経験をさせていただきました。

サポートセンターのチンさん、どうもありがとう!
がんばってね!お手本にさせていただきますね!

   

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVE