BLOG

「No.1のための」に込めた気持ち

先日、初めてお会いして名刺交換させていただいた方に、私の名刺にある
「No.1のための」とはどういうことですか?と聞かれました。


簡単に言うと、スポーツ界なら優勝者、ビジネス界なら経営者など、
順位、立ち位置、ステージなどのトップにいらっしゃる方。

そしてさらに、それを目指す方も含んでいます。

おとなだけではありません。
小学生も、高校生も、あてはまります。


「一番じゃなきゃダメですか?」「二番じゃダメなんですか?」
と、ちょっと昔のフレーズが聞こえてきそうですね。

ん~、今回の場合でいうと、「一番」重視でいきます。

そこには、私のこんな思いがあるからです。
(前にも書いたかもしれませんが)


例えばスポーツ選手、経営者、など、No.1になる人には必ず
メディア出演や人前で話す機会が訪れます。
その時「さすがトップになる人は違うね」と言われるような
圧倒的な魅力ある話し方やプレゼンテーション力を身につけ、
堂々とかっこよく語っていただきたい。


・話し方やプレゼンスキルについて、同じスキルアップをめざすなら、
プロの話し手が学ぶのと同等レベルでトレーニングし、
テレビでもラジオでも1000人の前でも10000人の前でもどこででも
イキイキとエンターテインメント性もある話しぶりに
多くの人が魅了されるような・・・そんな、
圧倒的No.1の存在になっていただきたい。


そんなお手伝いをさせていただきたいのです。



これまで、
私の先生にあたる方々、先輩、プロデューサーやディレクター、スポンサーの方々などから、たくさんの、 厳しいご指導、ダメ出し、「こういうふうに話してください」という初めてのオーダーや叱咤激励により、
テレビ・ラジオ等で話すプロとして仕事をさせていただくことができ、私の中に話し方スキルやプレゼンテーション、マイクの前で気をつける力などを身に付けさせていただきました。

いま、その技術を、声優、ナレーター、タレントになることを目指す人達に、伝えさせていただいていますが、
これは、一般の方も身につけていただくと良いな、とつくづく思うのです。

私はせっかちで効率良いことが好きなので、

どうせプレゼンテーション力UP、話し方スキルUPのトレーニングをするなら、
ちょっと学びちょっと気をつけていただく、のレベルではなく、
いっそ、プロレベルと同様の学び方をして、一気に最高レベルのスキルを身に着けていただくというくらいの方が手っ取り早いのでは、
というご提案です(ちょっとスパルタ式・・・ん~、否めません(笑))。


この「No.1」「一番」は、お子様もです。
クラスで昆虫に一番詳しい。という子の周りには、みんなが話を聞きたくて人が集まります。
テレビの取材だってきてくれるかもしれません。
(ほらよく、史上最年少の◯◯少年!、などと取り上げられたりするでは有りませんか)


そんなとき、ぼそぼそと暗い表情で昆虫の魅力を話すより、
元気に張り切って、ニコニコ話してくれると、つい「そうかねそうかね」とこちらもニコニコして聞いてしまいませんか?


話を聞いたお友達の中には、虫が嫌いだった子が虫が好きになるかもしれません。
『うまく話す』『正しく話す』ことができても、特に周りの人には大きな影響はありません。それよりも、
もっと『ワクワク』や『感動』を感じさせてくださると、その人に大きく影響を受け、心が動き、行動が変わると思うのです。


「No.1や「一番」の人はそんなふうに、人により影響を与える力を持っています。


その、良い影響がもっとたくさんの人に届くように、
そして、届けていただける存在になっていただきたいのです♪



メディアや人前など、露出機会が多く、多くの人に影響を与えられる「No.1や「一番」の方々が、
良い影響を もっと多くの人に与えてくださるようになったら、
もっと人生の楽しさを発見する人も増え、幸せを感じる人も増え、社会も平和や幸せになる・・・
そんな循環が生まれれば、というのが私の願いです。


もちろん、現在だけでなく、「No.1」「一番」を目指すみなさんも。

もし、コミュニケーション力の低い現在のNo.1にいる人よりも、
プレゼン力、コミュニケーション力の高い、いま2番以下のあなたがNo.1なったら、
それまでのNo.1の人と比較され、実力人気ともに圧倒的No.1として、人はあなたを見るでしょう。


何かの1番。それは実は、誰にでも可能性があるんですよね。



   

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVE